愛犬のコスプレを羊毛やフェルトで作る。

創作
イノシシ!

毎年、年賀状の時期に愛犬を使って干支動物コスプレを作っています。
飛んでいる年もありますが、まとめた記事がこちら →「チワワが干支の動物に大変身!?年賀状の時期にやってるポルンの干支コスプレ大集合!」

だいたいフェルト切って縫ってぬいぐるみ風につくるか、羊毛ニードルチクチクして形作っています。

今回は今年の干支、イノシシのコスプレについて記事にしてみました。

まずは構想〜型紙作り。

イノシシの特徴を想像します。豚鼻、口から出た牙、うり坊の模様など。時間があったらアイデアスケッチを描きます。

今回はその特徴の中から豚鼻と牙を取り入れました。

愛犬の頭の実寸で型紙を作ります。

型紙作り

頭を覆うような形になるように、紙を切っては愛犬にあてがい、調整していきます。

実寸合わせ!

豚鼻を作る。

まず豚鼻。円柱の形を作り、鼻の穴を大きめに設定します。
そこに長い円錐状に固めた白い羊毛で作った牙を縫いつけます。

頭を覆う部分作り。

その後、頭を覆う部分を型紙に合わせてフェルトを切り、表面に質感をつけるため羊毛を植え込みます。

植毛

形ができたら、愛犬に装着する時に紐で結べるよう穴を開けて紐を通して完成。

装着して見て調整。

ところが、いざ愛犬に装着してみると、ほぼ顔が隠れてしまって鉄仮面のよう。

全部覆いバージョン

急遽豚鼻牙だけにしたところ、いい感じだったのでこれで写真を撮りました。(頭まで作ったものも一応撮影)

我が子の顔は出したい!

だいたい1日くらいで作ってしまいます。早めに良いデザインが頭に浮かんだら、それなりに時間かけて作りますけどね。(未年の時なんか、結構がんばりました)

スポンサーリンク
創作 羊毛フェルト
スポンサーリンク
otakeをフォローする
otakeの創作雑記帳

コメント